第5ステップ 「ラクチン」の「ラ」!

かっぱ親子秘伝! 「DM開封率アップ術」 ~キーワードは「アララララ」?!~ ※これはフィクションです!

かっぱ原稿タイトル

第5ステップ 「ラクチン」の「ラ」!

「アララララ」、とうとう最後の「ラ」になってしまいました。
あまりにも楽しい時間だったので少しセンチメンタルな気分になりそうですが、
最後まで気を引き締めていきます。

かっぱママ:
最後の「ラ」は、「ラクチン」の「ラ」です!
伏見:
「ラクチン」……ですか?何のラクチンさが大切なんですか?
かっぱママ:
そのDMに関わる全てのことを、お客様にとって「ラクチン」にする
んです!「開けるのがラクチン」「読むのがラクチン」「申込むのがラクチン」
なDMを目指しましょう!そのためには、ちょっと御膳立てし過ぎ、
くらいがちょうどいいと思ってください!
チビかっぱ:
まずは、「開けるのがラクチン」!
かっぱイラスト
かっぱママ:
開封に手間取らせない工夫が必要です。開けやすい工夫ですね!
チビかっぱ:
ぼく、こういうピーッて引っ張って開けるのがだいすきなんだ!
キャラメルの箱もピーッて引っ張って開けるからよくママに買ってもらうんだ。
かっぱママ:
あら、よくキャラメルを買っているのはそれが目的だったの?
ふふ、実はママも好きなのよ。ピーッて開いたら気持ちいいですもんね。
封筒の場合は、カットテープなんてなくても、どこからでもビリビリ破って
もらって構わないんですけどね(笑)!
でも、やっぱりカットテープをつけておくと、気持ちよさとラクチンさで
開封率アップします!

 たしかにそうです。
カットテープをピーッと引っ張るとすっきり気持ちよいものです。
一気に開封できることと美しい切り口に感動して、肝心の封筒の中身の
印象も良くなりそうです。

かっぱママ:
「ここからお開け下さい!」「OPEN!」コピーも効果的なんですよ。
なぜかわからないんですけどね(笑)!作り手としては、「ここから開け
るに決まってるじゃん!」ってツッコミたくなる気持ちなんですけどね!
開封していただくためには、「いちいち」が大切!
伏見:
その一言が、封をしている部分へと誘う(いざなう)んでしょうね。
そして開封へ、と導いていくわけですね!
かっぱママ:
開封率を上げると一口に言っても、開封まではこぎつけたのに
そこから先がダメになる残念な場合があるんですよ。カットテープ付の封筒は
大丈夫ですが、一般的なフタ側にテープが付いた透明封筒の場合は起こり得る
んです。そんな悲しい結末を迎えないためには、「本体側テープ」がオススメ!
伏見:
どういうことですか?
かっぱママ:
封のフタ側が粘着面になっていると、封をペリペリっとめくって
開けてから中身を取り出す時に、中身がフタの粘着面にひっついちゃうことが
あるんですよ。わたしもせっかく開封したのに、中身がフタにひっついちゃって
イライラしてそのままゴミ箱行き、って経験があります(笑)!

あの温厚なかっぱママが「フタひっつき」でイライラ!?詳しくはコチラ!

伏見:
わかります!
あの「フタひっつき」は、めちゃくちゃストレスたまります!
かっぱママ:
「本体側テープのOPP袋」はオススメです!
粘着面が本体側についているので、「フタひっつき」のイライラがありません!

それに、紙封筒の封って、ベターッと糊付けされていてきれいに開けられない
ことがありますよね?OPP袋ならその心配もありません!

 開封率を上げるためには、読んで下さるお客様のお手を煩わせないことが
大切……開封と取り出しがスムーズな「本体側テープのOPP袋」、
たしかによさそうです!

チビかっぱ:
つづいて、「読むのがラクチン」!
かっぱイラスト
かっぱママ:
「ラクチン」徹底のためには、OEのサイズも重要!
やっぱりA4が強いです!A4ならブローシャー(小冊子)やリーフレット
を折り畳まずに入れられます
からね!

たしかに定型だとブローシャー(小冊子)やリーフレットが折り畳まれて
いるのが普通です。折り畳まれていると広げる必要があり、
「めんどくさいポイント1ポイント加算」です。
それに、折り目の部分は広げてもクセがついてしまっているので
「読みづらいポイント1ポイント加算」です。
なるほど、A4なら「読むのがラクチン」というのも納得です。

伏見:
「A4サイズの本体側テープのOPP袋」が最強、
ってことになりますね!
かっぱママ:
わたしの経験と知恵を総合すると、そういう結果になります!
チビかっぱ:
最後は、「申込むのがラクチン」!
かっぱイラスト
かっぱママ:
「申込むのがラクチン」というのは、最初に「安心、安全、あやしくない」
でもお話した連絡先の明記に関わってきます。
伏見:
読んで下さる方にとって一番「ラクチン」な方法で申し込んでいただける
よう、電話・FAX・メール・ホームページのオーダーフォーム・同封の申込用紙、
いずれの方法でも申し込めるよう準備しておく、
ってことですね!
お客様からDM作成の依頼が来たときには、こちらからご助言させて
もらうようにします!
かっぱママ:
さすが伏見さん!
DMのルールを熟知していらっしゃる!
連絡方法をOEに載せて、「お申し込み方法は簡単!」って書いて……
伏見:
フリーダイヤルなら、「全国どこからでも送料無料です!」って書いて!
かっぱママ:
お見事~!もうわたしたちからお話することはありません!
かっぱイラスト
かっぱママ:
伏見さん、お疲れさまでした!
伏見:
本当にありがとうございました!
次のDMづくりへの意欲がみなぎっています!
帰社後、すぐに取り掛かろうと思います!
かっぱママ:チビかっぱ:
困ったときは「アララララ」を思い出して、がんばってくーださい!
かっぱイラスト

それから数日間、わたしはかっぱ親子の「アララララ」を完璧にマスター
していて、怒涛の勢いで新しいDM作成に取り掛かりました。さすがかっぱです
。不思議なことに、わたしはかっぱ親子と交わした会話を一字一句すべて記憶
していたのです。かっぱの力は偉大です。何か人智の及ばないパワーがわたしに
作用していたのでしょう。

まずは、かっぱママイチオシ「A4サイズの本体側テープのOPP袋」を採用
することにしました。経費を抑えるため、印刷ナシの透明封筒を使うことが決定
しました。表裏どちらも中身が丸見えの状態なので、中に入れるコンポーネント
にこだわります。
今までも自社の連絡先・業務内容・お得情報の明確化には努めて
いましたが、今までよりも一層わかりやすい表記を心掛けました。同僚や家族の
意見も参考にし、色、配置、文字のフォントや大きさなどにこだわり、第一印象で
覚えてもらえるOEづくりに専念しました。
「ラブリー」要素については、模索した末に社内で一番イラストがうまい社員に
わたしの似顔絵でキャラクターを作ってもらいました。
「DM販促歴8年!どーも、担当の伏見です!」のキャッチコピー
を毎回載せるようにして、お客様への定着を図りました。毎回違う色で刷った
お得チケットも外から見えるように封入し、少しずつ「うちの会社らしいDM」を
作り上げていくことができました。
上司や同僚によると、
「あのときの伏見くんは何かに憑りつかれたように仕事をしていた」ようです。
後日このように回顧されたのは、もちろんかっぱ親子の「DM作成個別相談」
後からレスポンス率が急上昇したからです!おかげさまで業績も上向き、
自信も取り戻し、家族も安心しているようです。

わたしはかっぱ親子に感謝の意を伝えるため、久々に事務所へ向かいました。
前回同様、ふたりは他のスタッフとともに無心で封入作業をしているところでしたが、
わたしに気が付くとニコニコと迎えてくれました。

伏見:
おふたりのお蔭で、レスポンス率が上がったんです!
ありがとうございました!
かっぱママ:
まぁ!おめでとうございますぅ!
うれしぃぃぃ!伏見さんの努力が報われましたねぇ!
チビかっぱ:
おじちゃん、ありがとう!ママ大喜び!
今日もいーっぱいかっぱ巻き買ってもらえそうだよ!

お・わ・り♪

かっぱイラスト