魅力チラシのハウツー!

1.集客できるチラシ、できないチラシ?

次の文章に進む

手に取った瞬間に、読み進めたくなる魅力的なチラシと、
見られることもなくすぐにゴミ箱に捨てられてしまうチラシ…

その違いは、いったい何でしょうか?

それは、

  • なにも言っていない
  • ターゲット(伝えたいお客さま)がずれている

この2点が原因です。

実際に、以前に作ったチラシがあれば、
見返してみてください。

一生懸命考えて作っていても、表現がうまくいっていないために、
「なにが言いたいのか分からない」ものと
なっていませんか?

また、
「ターゲット」がずれていることも、
=自分の言いたいことや伝えたいことがまとまっていない
原因です。

数多くのチラシや広告が生活を彩る中、
その中で、目を引くチラシはどうやったら出来るのでしょうか。

伝えたいコンセプトを、どのように表現すれば、
率直に、お客さまに伝えられるか…

より効果的な、チラシの作り方を見ていきましょう。

・なんでも屋さんになっていないか?

自分は「何の専門家か?」

この答えが、お客さまが求めている信頼です。
自社の強みを明確にし、アピールしましょう。

 ↓

コンセプトを明確にする

・誰に伝えるか?

自分の商品を欲しがっている人は誰か…

あなたの商品をほしがっている、その人だけを想像して、
心を込めてあなたの思いを伝えましょう。

 ↓

ターゲットを明確にする

そのメッセージの強さが、結果、
多くの人を引き寄せることになるのです。

次の文章に進む