チラシを作成してみよう!

2.チラシ作成前にやっておきたいこと

前の文章に戻る 次の文章に進む

チラシを成功させるためには、計画的に企画を組み、全員で目標に向かって立案、会議を重ね、実行に移していくことになります。そのために、販売促進計画と、売上計画を連動させていきましょう。

■チラシ年間スケジュール作成

1. 前年度の結果、効果の数値化
折込後、3日から1週間ほどの、反響のあった商品と、売上になった商品を全てチェックします。
2. 今年度の月別キャンペーンテーマなどの予定を立てる
自店の創業月や、業種による繁忙期を目安に、仕入先への呼びかけを考えます。
3. ターゲット層を企画別、商品別に決める
既存の顧客、新規客、個人、企業団体、主婦など、商品に合った客層を絞り込みます。
4. 年間の歳時行事に連動させる
お正月やクリスマスなど、年間の記念日として、自店の商品と合うものを検討します。
5. 販売方法、そのツールを決める
商品、客層に合わせて必要売上目標を検討し、販促費を出します。
6. 1回ごとのイベントに関する計画
2#なみ#3ヶ月前に実行します。年間の販売計画が立てば、各スタッフの役割分担を決め、いつまでに何をする…というところまで決めていきます。

■折込部数、予算の決定

広告宣伝にかける、月別予算と年間販促スケジュールをしっかり計画することで、効率の良い販売促進と、売上アップや集客に結びつけることが出来ます。

広告宣伝費の予算比率(売上比率)は、業種やお店の規模などによりさまざまですが、一般的には売上高に対する比率で決められます。これは平均して、0.5%#なみ#3%です。年度始めの売上目標による予算から立てますが、売上が落ちれば、広告宣伝費の割合が高くなってしまいます。年度途中で修正し、再検討しなおすことも考えておきましょう。

低コストで最大限の効果を出せる販売促進とは、どんな方法があるか、新聞折込みか、ポスティングか、DMを送るのか…日頃から、常に販促を行った後に、効果分析を行い、一番反響があったものを検証していきましょう。

■チラシサイズとコンセプトの検討

チラシの目的はさまざまあると思いますが、まずは目標を明確にしましょう。

  • ・ 売上をのばす
  • ・ 新規顧客を増やす
  • ・ リピーターを増やす  …など

売りたい商品の売上目標額、具体的な目標を決め、その商品を伝えるためにチラシサイズが大きくなり、コストが1.5倍になっても売上が2倍になれば、まずまずの成功チラシとなるでしょう。

■ターゲットを明確に

どのような商品を売るかによって、お客さまの層は変わります。どのような相手に、自分のお店の商品を紹介するか、それが成功への大きなポイントです。どのようなお客さまが、自分のお店の商品を求めるか、それはどんな時か、年齢層はどのくらいで、どのような趣味があるか、好きな雑誌はどんなものか…どんどん細分化していき、お客さまの人物像を明確にすることで、お店のコンセプトや、戦略、商品の紹介文やキャッチコピーをはっきりさせ、ショップの魅力を明確に伝えましょう。

■印刷業者への依頼

より効果のあるチラシ作りに、印刷会社は大きな影響を与えます。技術面では、裁断の仕上がりひとつみても、印刷会社によって、違いが出ます。なにより、信頼ある会社を探しだし、良い信頼関係を築いていって、イメージ通りの、もしくはそれ以上の成功チラシをつくり上げましょう。

また、自店で作る場合、全てを業者に任せるのではなく、チラシの色彩や、部数によって業者を使い分けることもできます。1色で印刷する場合は、印刷会社よりもプリントショップの方が安い場合もあります。金額に関しては、必ず数社の印刷会社に見積りを出してもらいましょう。カラーチラシで10万枚以上の印刷をする場合は、カラーチラシ専門の機器を所有する印刷会社を探しましょう。金額を比較でき、その差もかなりあるようです。

前の文章に戻る 次の文章に進む