売上アップの販促

8.販促手法の種類

前の文章に戻る 次の文章に進む

集客のための販促方法は前項でも少し紹介しましたが、対象のお客様によって有効なアプローチの方法は異なります。 
*新規顧客向け
・折込チラシ・・・新聞折込、コミュニティ紙、タウン誌、店頭設置、手渡し 
・DM・・・ハガキ、封書、カタログ、小冊子、電子メール 
・フリーペーパー・・・コミュニティペーパー、通信カタログ、タウンペーパー、広告雑誌、会員雑誌 
・交通広告・・・電車広告、駅広告、バス広告、タクシー広告 
・屋外広告・・・ネオンサイン、ビルボード、突出看板、野立看板、のぼり、アドバルーン、LEDボード、大型ビジョン 
・その他・・・ポスティング、FAXDM
*既存客向け
・DM・・・御礼、定期、特別 
・カタログ・・・雑誌形式、パンフレット形式、チラシ形式、CD−ROM形式 
・その他・・・ニュースレター、Eメール

また、その目的によって大きく3つの方法があります。 
*刺激を感じてもらう方法
「興味」「お得感」でお客様の関心を引き付け、刺激を与えることにより購買意欲を高めていく方法です。 
・クーポニング・・・割引券・優待券などのクーポン券で購買を促す方法です。 
・スタンプ・シール・・・スタンプ表を配布して購入金額に応じてスタンプ(シール)を押して、一定数に達すると割引券として利用できる方法です。顧客の固定化が期待できます。 
・コンテスト・・・クイズ大会・コンクールなどで応募者を集める方法です。 
・クリアランス・セール・・・在庫一掃セールのことで、同じ大安売りでも「お得感」・「インパクト」が強いので効果的な販売方法です。 
*体験してもらう方法
・サンプリング・・・試供品を提供し、試しに使ってもらい購買に結び付けるものです。 
・セールスショー・・・展示会・新製品発表会のことで、認知度の低い商品を実際に見てもらい、理解してもらうことを目的に行います。 
・フェア・・・展示即売会・物産展のことで、一定のテーマを設けて商品を集め、○○市・○○祭などの売り出しを行う方法です。 
・デモンストレーション・・・商品の実演・説明を行い、購買を促す方法です。 
*優越感を感じてもらう方法
特別であることを強調して、お客様に優越感を与えながら親密さを深め、固定客化を図るための手段です。特別招待・特別優待などがあります。

販促を行う基本的なツールにはいくつかの種類が挙げられます。しかし、それぞれに特徴があり、対象となる商品・サービスや規模によって効果が変わってくるので、どの方法が有効なのか、どの方法なら売り上げアップに繋がるのかなどを検討しながら選択しましょう。

前の文章に戻る 次の文章に進む