売上アップの販促

7.販促計画の立て方−2

前の文章に戻る 次の文章に進む

販売促進は計画段階で明確な目標数値を設定し、費用対効果を確認することが大切です。

*売上目標
前年度の売上実績と今年度の売上目標を比較して、どれくらいの差があるか確認しましょう。社会動向によって伸びが予想される商品なら、需要予測を割り出して目標設定を行います。 
*販促予算
販促予算はそれ自体利益を生むものではありませんが、売上に直結します。売上に対しての比率を計算し、妥当な額を設定しましょう。

販促予算

*販促ツール
ターゲットに対して、効果的に働きかける組合せになっているかがポイントになります。どれだけ素晴らしい販促計画を立てても、ターゲットに届かなければ意味はありません。告知から売上に至るまでの流れを考えながら、お客様目線で検討していくことが大切です。

基本的には「5W2Hの法則」で考えていけば、情報の抜け落ちも防止できるので効果的でしょう。

【例:販促計画表】

項目 / 月 10月、11月、12月 5W2H
販促企画 お歳暮セール
販促タイトル こだわりのお歳暮 早割キャンペーン
期間 10月20日~12月31日 When(時期)
目的 地域内の新規顧客獲得、既存顧客の常連化 Why(理由)
ターゲット ・商圏内 30代~60代前後、主婦
・年収500万円~1000万円
Who(誰に)
・商圏半径5キロ以内に居住 Where(場所)
品揃展開 ・贈答用ギフト商品 What(何を)
重点販売商品 ・全国こだわりグルメ
販促ツール ・DM、Eメール
・新聞折込チラシ
・商圏内ポスティング
・特設ホームページ
How
(どうやって)
来店促進 ・店頭イベント 先着100名様に500円分商品券
・早期割引10%引
購入促進 ・最大50%オフ
・クーポン券
・ポイント3倍キャンペーン
サービス 全国送料無料
来店客目標 10,000人(1日≒122人) 実績9,200人(1日≒112人) How much
(いくらで)
売上目標 300,000,000円 実績270,000,000円
販促予算 1,000万円 実績900万円
前の文章に戻る 次の文章に進む