売上アップの販促

20.販促事例3−透明封筒(OPP袋)を使った販売促進

前の文章に戻る

透明封筒(OPP袋)は、販促アイテムとして様々なシーンで活躍してくれます。透明封筒を効果的に利用するための方法をご紹介します。 
1)DMの外封筒で開封率アップ
前項でも紹介しましたが、封書DMはお客様に開封していただかなければ意味がありません。御礼状などの場合はハガキDMでも大丈夫ですが、ある程度の情報をお届けする場合は、パンフレットやカタログを同封したいものです。そこで、中身が見える透明封筒(OPP袋)が威力を発揮します。お客様の目に触れる箇所にちょっとしたオファーを入れて興味を引きます。ハサミがなくても簡単に開封でき、環境にもやさしいOPP袋はお客様にとっても扱いやすいアイテムです。 
2)カードを入れて差別化を図る
名刺や会員カード・ポイントはそのまま渡されることが当たり前となっています。営業アイテムの大切な名刺やリピーター化促進・顧客拡大のための大切な販促ツールを保護・差別化をするために透明袋(OPP袋)に入れてみてはいかがでしょうか?透明袋に入れるだけで水や汚れから保護され、キレイなままで保管してもらえます。また、ちょっとした差別化を図るだけで、お客様の印象に残るメリットもあります。低価格で購入できるので、是非お試しください。 
3)インターネット販売商品の保護
インターネット販売では、商品がお客様のお手元へ届くまで気を配る必要があります。せっかく届いた商品が汚れていたりしては大変です。そんな時は、見た目スッキリ、包装時間もかからない透明フィルム・透明袋(OPPフィルム・OPP袋)がとても役に立ちます。破損しにくく、水や汚れに強い透明フィルムで包装すれば、お客様が受け取るまで商品を汚れから守ってくれます。また、包装するだけでその光沢が商品をキレイに見せるので、ネットオークションの商品包装などでも有効です。少量購入も可能なので、是非お試しください。 
4)ノベルティグッズの包装
特典やイベントではオリジナルのノベルティグッズを配布する販促も有効です。お店のオリジナルキャラクターでアピールしたり、ちょっとしたプレゼントをすることは、お客様満足度アップに繋がるからです。特に大量に準備する場合は、透明袋(OPP袋)が便利です。包装時間が短くすみ、見た目も可愛らしいプレゼントとなるので小さなお子様から年配の方々にまで喜んで頂けるでしょう。

前の文章に戻る