少しの工夫で効果大!の販売促進術

3.広告・チラシを出すタイミング

前の文章に戻る 次の文章に進む

広告媒体の選び方と同様に、自社の商品やサービスのUSPを効果的に伝えるには、広告・チラシを出すタイミングが重要です。

例えば、土日のイベントにお客様を呼びたいのであれば、新聞の折り込みチラシは金曜日に配るのが最も効果があります。5日前の月曜日に配っても、よほどでない限り、そんな昔のチラシのことは憶えていないからです。
チラシや広告はお客様に見てもらうことが前提ですから、お盆と年末年始、GW期間中は効果が期待できません。この時期は親も子どもも休みなので、家族でどこかへ遊びに行ったり、里帰りしたりなどで、チラシにゆっくり目を通す機会が少ないからです。

11月に入り、早くも年末年始に向けての商戦が各所で繰り広げられています。お歳暮、おせち、年賀状印刷機器、、、、もしあなたの取り扱う商品やサービスがこれらに関係することであれば、今が勝負の時といってもよいでしょう。
広告は季節変動の影響を大きく受けます。

カレンダーに載っている行事であれば、タイミングを計りやすいのですが、世の中季節を問わず必要とされる商品が数多くあります。
いずれにしても、「お客様が欲しくなるタイミングをいかにつかむか」がとても重要で、それさえわかれば、効果的な販促活動ができます。

一般的に商品は じっくり検討型 と 今すぐ必要型 の2つに分類できます。

<じっくり検討型>
例えば住宅やインテリア、海外旅行やブランド品などの高額商品をいいます。
お客様の立場になって考えればわかることですが、商品が高額になればなるほど、“失敗したくない”という気持ちが働き、慎重になります。
このような場合、焦って販促活動しても、かえって逆効果です。お客様がその気になるように、じっくりゆっくり、それでいていざというときには頼りになるような信頼関係を築くことが理想です。
また一方で、背中をポンと押してくれるようなキッカケをお客様は待っています。「今こそ夢を現実にするチャンスです!」「自分へのご褒美に」といった言葉でお客様の購買意欲を高めましょう。

<今すぐ必要型>
今年の7月にアナログ放送が終了するとあって、何かとデジタルテレビが話題となりました。また、この夏の節電対策で、扇風機が飛ぶように売れました。
ある意味、これはチャンスです。お客様は今すぐ、あるいは近いうちにその商品が必要となるわけですから、そのタイミングさえわかれば、効果的な販促活動が行えます。
例えば、コピー機のリースはいつ終了するのか?もしもリース期間が終了するタイミングを事前に知ることができたなら、ライバル会社に先駆けて営業することができます。
次の車検はいつか?仮に来年10月に車検が来る人に、一年前から車検の案内をしたところで、「ふーん」で終わってしまいますが、車検の前月、当月に魅力的な提案をすることができれば契約に繋がる確率が高まります。
シロアリ駆除も同じです。被害が出始めるのは春先ですから、冬にシロアリの心配をする人はいないわけです。
このように、需要の発生する時期、そして需要が発生したときにどう対応するか、それをしっかりつかんでいる会社は、広告のタイミングを外しません。

【団塊世代に人気のサービス】

団塊の世代とは、1947年から49年までの3年間に生まれた世代を指します。戦後のいわゆるベービーブームに生まれた世代で、その数約676万人です。
その世代が定年を迎えることは前からわかっていることでしたから、そのタイミングに合わせて新たなビジネスが誕生し、注目を集めています。

例えばリフォーム業界。平日昼間、夫婦二人家で過ごすようになったことで、これまでと生活リズムが変わり、ストレスを感じることも(?)考えられます。
このような状況から、リフォーム業界では「夫婦の距離を調節する仕掛け」に注目しました。例えば、子ども部屋を改装して、妻専用の部屋を作ったり、夫に趣味の空間を用意するなど、ライフスタイルに合わせた間取り設計です。

旅行会社も団塊世代をターゲットにしたプランを多く取り揃えています。定年後の趣味の代表格ともいえる旅行は、「フル・ムーン旅行」などと呼ばれますが、昔と今では行き先や内容も変化しているようです。有名な観光地を訪れるような画一的なものではなく、誰も知らない穴場スポットや、同じ趣味仲間で行く団体ツアーなどが人気のようです。また、里山歩きやキノコ狩りなど自然を満喫できるアウトドアも人気です。

団塊世代の方々が好む傾向というのは一概にいえませんが、まだまだお元気で「こだわり」や「遊び心」を持っていらっしゃいます。そうした心の奥底にある感情や要望を的確に捉えることで、ビジネスで勝利していくことができるでしょう。 

団塊世代に人気のサービス

これから年末年始にかけて、たくさんの行事がありますね。
何といっても一番のお楽しみイベントは“クリスマス!!”
おいしいケーキも魅力的ですが、ドキドキ・ワクワクするのはサンタさんからのプレゼントですよね。
「サンタさんが最後に来たのはいつだっけ?」そんな大人たちも、会社やサークル仲間、みんな集まってプレゼント交換しましょう!
ただし予算は一人300円とか500円とか、低価格設定で。
限られた金額でプレゼントを探すのは至難のワザですが、これが結構楽しいのです♪
洗剤やラップなどの生活用品、タオルやハンカチ、チョコレートやキャンディ、、、これらもきれいにラッピングすれば、立派なプレゼントに変身します。
そこで活躍するのが、OPP袋です!
どんな形状のものでも包めますし、リボンをつけるなどして様々な演出が可能です。
子ども会などで大勢の子どもたちにお菓子の詰め合わせをする際などにも役立ちますよ!

プレゼント

前の文章に戻る 次の文章に進む