ゼロ円で出来る販促

3.密着型販促

前の文章に戻る 次の文章に進む

お客様にとって必要だと思われる店になる。
この言葉を読むと当たり前の事かと思われますが、原点に戻って考えてみましょう。

地域になくてはならない小売店
田舎などに旅をすると気付くかと思いますが、田舎にはたくさん店がありません。
一つのショッピングエリアが無ければ地域に住む人たちは何キロも離れたところまで買い物に出向かなくてはなりません。

ショッピングエリアではない地域に住んでいる住人にとって、そのような店はなくてはならない、かけがえのない店なのです。

お客様にとって、かけがえのない店になることが出来れば、 お客様はその店を潰しません。

小売業がお客様に対して役に立つことがとても重大なことですね。

*お客様への信頼・安心感*

あなたが、ある小売店に買い物に入り、そこでの店員の態度により購入意欲が変化することはありませんか?
お客様との接客で、大事なことはフィーリングです。
話や意見が全く噛み合わないようでは、お客様も気分があまり乗らなくなってしまう恐れがあります。

例えば、ご老人が来店された場合、どのような会話をすれば喜んでいただけるのか。
難しいものですね。
ご来店されたお年寄りの方にも、あなたの本当のおじいちゃんやおばあちゃんと話をするように応対してみましょう。
きっと緊張せず、無理なく接することが出来るようになると思います。

すると、ご老人も、孫のように可愛がっていただけたり、信頼度が高まり、 商品を選ぶ際にも安心感を持っていただけるのです。

そのような接客を続けると、お互いに信頼感が生まれ、
「これからもずっとあなたの店で購入することにするよ。」
きっとそう思っていただけるでしょう。

接客の極意

理屈ではなく、気持ちの問題であること。
密着することとは一度縁があったお客様とは一生涯お付き合いが出来る関係になること。

*お客様の声*

お客様が抱いている「ニーズ」。
これを実現させる、すなわち「お客様の立場」を徹底的に取り入れ、
お客様がさらに快適に買い物をしていただくという発想です。

あるデパートで実践されていることなのですが、
お客様のニーズを取り入れ、商品だけでなく、サービス、施設自体にも反映させ、
新しい店づくりを行っています。

お客様からの視点で店を見て、
不満や困りごと、問題点を探り当て、その解決を図る商品やサービスを提供していく方針は、是非、ほかの小売店にも取り入れて行ってもらいたいものです。

そうすることにより、地域密着型店舗が完成していくことでしょう。

*儲けなしのおもてなしで販促*

ある餅屋の名物催事をご紹介しましょう。

昔からその地域に伝わる風習で毎月1日の早朝に神社を参拝する習わしがあります。

その1日参りから帰る参拝者をお迎えし、おもてなしをすることを考えました。
その日一日だけのために作られる季節餅を考えて、参拝者へのおもてなしであるために、儲けなしの価格で提供しているのです。
包装紙も、その地域の千代紙を使い、文化を守る意味も込められているのです。

従業員は毎月この日のために20万個の餅を徹夜で作っています。
朝の5時から約4時間で売り切れてしまうほどに人気があるのですが、
最初のころは赤字が続き、今でも儲けにはならずトントンだと言います。
もちろん、最初から儲けのことは考えずに地域密着を根本に考えたことですから売上にはつながりませんが、今では開店前から100人くらいの行列が出来るようになり、 全く宣伝もせずに続けてきたこの恒例行事が、クチコミだけで、大盛況になっています。

参拝者の人数も、当初は200人足らずだったにも拘らず、今日ではずいぶんと増え、 町がにぎやかになったと言います。

おもてなしの心が作り出したその餅は、販促や集客という商売の次元を超えて、 信仰にも似た名物行事にまで発展しました。

販促の神髄を極めた企画ですね。

ぜひ、同じように取り入れてみてください。

*一点集中突破を図る*

一つの商品に絞り込んで単品化をすることの戦略的メリットは大きいものです。

例えば、あなたがパン屋を経営しているとしましょう。
そこで、一点集中を図り、クリームパンを売り出すことにします。
原価率も60%にして、材料は最高のものを使います。
価格は据え置きのままで、お持ち帰り後も二時間以内に食べていただくように強く押し出して言います。
先着50個限り!という風に限定にし、売り切れ御免という形にします。
味の良さを徹底的にアピールして地域に浸透させるのです。 味覚は、お客様の購買行動を変えることが出来ます。
自店オリジナルのクリームパンを、行列が出来るように育成することが命題です。

そして、集客と売上を増やすことになるのです。

裏通りに面していて、立地条件が悪いという理由はありません。
このように、販売する商品を極めることによって、
必ず行列の出来る店へと繋がります。

そして、地域密着型の素敵な店になるでしょう。
ぜひ、試してみてください。

前の文章に戻る 次の文章に進む