ゼロ円で出来る販促

2.5つの法則

前の文章に戻る 次の文章に進む

ではこれから、「0円販促」を成功させる5つの法則をまとめていきましょう。

1・永久的に継続するツールを使う!

継続して使えるアイテムで、なおかつ0円販促を考えるときに外すことの出来ないツールとして、看板があります。
看板は一度設置するとそのあとは半永久的にお客様を導くことが出来るのです。
看板なんて・・・?と思われるかもしれませんが、この看板を上手に活用すると、継続的にお客様を増やしていくことが可能です。
説明しますと、たとえば折り込みチラシだと、チラシを入れた当日からだいたい3日間ほどは爆発的にお客様が集まりますが、その後からは、チラシからの反応を得ることは急激に難しくなります。
ですが、その3日間のために経費が莫大にかかるのです。
しかし看板という販促ツールは、設置さえしていれば毎日、毎月とお客様を呼びよせることが出来るのです。
そこで、その重要な看板をもっと効率よく活用できるようにポイントを紹介しましょう。

看板として目立つ色は、赤・青・オレンジなどの原色系の色です。
店のテーマカラーが仮にパステルグリーンでも、看板はなるべく目立つ色のほうが良いでしょう。
業種・サービス内容がハッキリわかる表記にする。
店の名前だけだと、何の店か分からないまま通り過ごすお客様がいると思うともったいないです。必ず業種やサービス内容を看板にも表記しましょう。

2・店の個性を出す!

店の個性を出すとは、あなたのお店にコンセプトを作ることです。
コンセプトと聞いて少し難しいかもしれませんが、イメージをお客様に植え付けることです。 お客様がふとした瞬間にあなたの店が思い浮かぶということが理想です。

例えば、肉屋を経営しているとします。そこで説明しますと、

「○○って肉屋のコロッケがすごく行列が出来るんだよ!」
「お肉なら○○!」
「あの肉屋に行けばいつも新鮮な肉が置いているよ」

など、一言で言えるイメージが定着すれば、お客様はどんなシーンでもあなたの店の存在を思い出しやすくなり、友達との会話の中や、買い物をしたいときに一番に思い出してもらえ、需要に繋がり、売上が上がるというわけです。

しかもこのイメージ戦略には経費がかかっていません。

取り入れなければもったいないですよね。
このように、お客様の頭の中で思い出してもらえるようになることです。

3・商売繁盛のために考える!

店のためにいろいろ試行錯誤して考えることはとても大切なことです。
毎日の世の中の動きや店の状況を、店以外の落ち着く場所で考える習慣というものはとても大事なことです。
業界を問わずに世の中全体を広く浅く把握するようにすると、
店の方向性を修正することにとても効果的です。

例をあげてみると、最近、健康志向が強まっており、メタボリック症候群などと話題になっています。あなたが飲食店のオーナーだったとして、高カロリーなものばかりを出しているとすれば、全くお客様が減るわけではないでしょうが、少しずつヘルシーな店を探しだすお客様もいると思いませんか。
このような社会の動きをいち早く知っていることによって、経営の方向性も考えることが出来るのです。

成功方法を見出すきっかけづくりになる。

ただし、この場合も「考えること」を基本にすることが大事です。

他店のマネだけではうまくいきません。

★技術サービス

技術サービスとは、0円販促に繋がるサービスです。

  • 健康相談
  • 占いサービス
  • 写真撮影サービス
  • 料理アドバイス
  • 人生相談

このようなサービスを目にされた方もまた実際に利用されたことのある方もいらっしゃるでしょう。

このようなサービスは経営者の労働力がそのままサービスになりますので、
仕入原価が一切かかりません。
ですが、サービスが付くことによりお客様はそれを期待されて来店されますし、
同じ種類の店舗があればサービスの付いた店舗を優先して向かうことは間違いありません。

自分がお客様の立場になって考えるととてもよく分かると思います。

もし、現在何もそのような技術をお持ちでなければ、
通信講座や、一日勉強会など調べればたくさんあります。

今後の店の繁盛のために、少し時間を費やして取得されてはいかがでしょう。
一度習得すれば一生の財産になりますから、店の強力な武器となるはずです。

4・クチコミで拡大!

大手企業と違って小さな店舗には小さな店舗にできる商売繁盛方法があります。

大手企業には多大な資金があります。その資金を使って売上を上げることが手法なのです。 ですから、小さな店は大手のマネをしてはならないということを頭に入れておいてください。

小さな店舗こそ大事にしておきたい0円販促が「クチコミ」なのです。
クチコミとは、広告宣伝を必要とせず、店以外の部分で誰かが店の宣伝活動をしてくれることです。

クチコミは店側がコントロールするわけではなく、
店以外の場所で自然発生的に起こるものです!

  • ・誰かに話したくて仕方がなくなるほどのスゴイことを準備すること。
  • ・思い出してもらえるツールを作成すること。
  • ・最近ではブログをしている人も少なくありません。他人に対して影響力がありそうな人に手紙を出すなどして紹介してもらう機会を作りましょう。

人が人を連れてくる。

最強なクチコミが商売繁盛に繋がりますね。

5・インターネット販促!

最後に5つめですが、前項でご説明しましたインターネット販促がこれからの時代には必須になってきます。

詳しくは前項を読んでいただきたいのですが、
メールアドレスを取得して販売ツールをメール送信して、お客様に販促することと、ホームページ作成をして、新規客を増やすことはこれからの時代、必須になっています。

苦手な方でも是非取り入れていただき、これからの店の繁盛のために頑張って下さい。

前の文章に戻る 次の文章に進む