販売促進の攻略法

1.商品のブランド化について

次の文章に進む

商品の販促活動について考えてみましょう。
それにはどのような方法が効果的なのでしょうか。

商品コピーや広告、パッケージなどで、商品が持つ売れる力を強化していきましょう。
他社の製品やサービスと識別し、差別化させることが目的です。
他社の製品よりも優れていることを顧客に認識させることが重要です。
そこから顧客の安心感を獲得することが出来るため、自己の商品ブランドに価値が生まれていくのです。

消費者の購買行動は次の流れにまとめられます。

AIDA(アイーダ)の理論

◇ 注意を引き
◇ 興味を持たせて
◇ 購入意向を形成し
◇ 購入させる
それぞれの英単語の頭文字をとって表されています。
この流れが商品の販売の基本であるとされています。

しかし今日では消費者の商品チョイスの目も磨かれています。
商品の購入頻度も高くなっています。
商品購入後に商品の評価を決めるという動向が見られるようになりました。

POP広告について

キャラクターや宣伝コピーの工夫が大変効果的です。
商品の知名度のアップになります。
知名度が低い商品であればなおさらのことでしょう。
特に売り場でのPOP広告は重要です。

ポップ例:ちらしずし ポップ例:セール

POP広告とは紙を広告媒体として、その上に商品名や
価格、キャッチコピーやイラストなどを描いたものを指します。
店舗イメージやイベント季節の移り変わりを表現することが出来ます。
これは販売促進に非常に有効です。
個性的な店の雰囲気を作り上げる力があり、店舗の売上を左右することもあるほど優れた力を持っています。

POP広告の目的は、各種店舗が推奨したい商品を店員に代わって情報を提供し、消費者の購買意欲を促進させることです。
その商品に興味を持った消費者に働きかける特性を持っています。
それまで購買目的を持っていなかった消費者にも有用に働きかけ、興味を促す利点を持ち合わせているのです。

次に、販促の効果が長期的に続くためにはどうしたらよいのでしょうか。

顧客の獲得について

商品を購入する固定客が安定していることが必要です。
また、新規客も必要です。
この2つのバランスを考えることが課題となります。
どちらにどのように働きかけたら良いのかを戦略に組み込むことが重要なのです。
顧客層の拡大のためには商品のトライアル購入が必要とされます。
その時試供品に商品価値を明示しておくと効果的です。
また、商品パッケージにもこだわりましょう。
特典や景品にも工夫をするとより効果が得られることでしょう。

プロモーション活動の展開について

現代は次々と新商品が開発されていきます。
そのなかから定番商品となるものもあります。
顧客の安定と同じように、2つのバランスを考えていきましょう。
また、低予算で短期に成果を上げるということが効果的です。
活動のためには多くの時間と費用がかかります。
しかし、低予算で多くの利益を得ることがポイントとなります。
そのためには、消費者を主体として予算を組むことが重要です。
また、チャンスを見逃さないことも重要です。
強力なライバルとの競争にも打ち勝たなくてはなりません。
新商品の宣伝か、定番商品の売上アップか、といった展開を作り出していきましょう。
その狙いを絞り込むことが重要です。

顧客は商品自体に満足感を感じてこそ、リピーターになります。
誰にどのようなメリットを与える商品なのでしょうか?
ターゲット層の生活の中で、どのような意味を持つのでしょうか。
その点を明らかにしておくことが重要です。

次の文章に進む