セールスレター活用術

5.知っておきたい手紙のマナー

前の文章に戻る

冒頭でも述べましたが、セールスレターは販売を目的とした『手紙』です。
手紙を送られて読まない人はあまりいません。なぜなら、手紙は自分のためだけに書かれた「私信」であり、手紙の書き手と読み手は一対一の関係にあるからです。
昔から手紙は重要な役割を果たしてきました。
「文は両刃に剣の如し」、一通の手紙が書き方一つで受取る相手を活かしも殺しもする、という意味です。
では、流れるような完璧な名文、美しい筆跡、それらがよい手紙かというと、必ずしもそうではありません。逆に字が下手で、つたない文章でも相手の心を動かすことがあります。
なぜでしょうか?
それは後者の方が“お客様に真剣に共感する”ことができたからです。
手紙を送る相手は、今どのような悩みや欲求を抱え、それに対して自分は何ができるのか、
そこさえしっかり考えておけば、完璧な文章でなくても、きっとあなたの気持ちを読み手に伝えることができるでしょう。

心構え

インターネットが主流の今、人と人との付き合い、企業と企業の付き合い、その橋渡しをする文章のほとんどが形式化され、手紙を書く必要がなくなってきています。
話し言葉で丁寧な言い方ができても、文章になるとできない人も増えているように思います。
最後に『知っておきたい手紙のマナー』をまとめました。

【頭語と結語】

スペース 頭語 結語
一般的な手紙 拝啓・啓上 敬具・敬白
略式手紙 前略・冠省 草々・不一
急用手紙 急啓・急呈 草々・不一
返信手紙 拝復・復啓 敬具・謹答
再信手紙 再啓・再信 敬白・敬具

《返事が遅れた場合に(頭語のあとに)》
◆ 早速ご返書差し上げるべきところ
◆ すぐにもご返事申し上げるつもりでいましたが
◆ ご返事延引いたしまして誠に申し訳ございません

【自称・他称の使い分け】

対象 自分 相手
個人 わたくし・私・小生 あなた・貴殿・貴兄・先生
複数人 一同・私ども・手前ども ご一同様・ご一統様・各位
上役(上司) 上司 ご上司様
友人 友人 ご令友
社員 幣社員・幣店員 貴社員・貴店員
工場 幣工場・当工場 貴工場・御工場
会社 弊社・小社 貴社・御社
氏名 氏名・名 ご芳名・ご貴名

【敬語表現】

◆ 丁寧語:語尾をあらためて、聞き手につつしみを表す言葉
◆ 尊敬語:聞き手や話題の人に直接敬意を表した言い方
◆ 謙譲語:自分や身内がへりくだることで相手を高める言い方

基本形 尊敬語 謙譲語
会う お目にかかる・会われる・お会いになる お会いする・お目にかかる
与える くださる・賜る あげる・差し上げる
言う おっしゃる 申す・申し上げる
行く いらっしゃる・行かれる・お出かけになる 参る・伺う
居る いらっしゃる・おいでになる おる・おります・いさせていただく
する なさる・される・お~になる いたす・お~する・させていただく
思う 思われる・おぼしめす 存ずる・拝察する
聞く お聞きになる 拝聴する・承る
来る いらっしゃる・おいでになる・お見えになる 参る・伺う
食べる 召し上がる・お食べになる 頂く・頂戴する・賜る
もらう お納めになる・おもらいになる 頂く・頂戴する・拝受する
前の文章に戻る