収納・整理の法則3

5.具体的な収納方法5 その他の場所

前の文章に戻る 次の文章に進む

1玄関

玄関は家の第一印象を決める大切な場所です。風水では「気の入り口」と言われる場所なので、きちんと整理し、キレイにしておきましょう。

・靴

靴の整理にはシューズボックスが便利です。買ってきた時の箱を利用したり、市販のシューズボックスに入れて保存します。この時、中にどんな靴が入っているのかすぐにわかるように箱に靴の写真を貼ったり、半透明のシューズボックスを利用すると、靴の場所がすぐに分かるので便利です。また、収納スペースが限られている場合は市販のZホルダーを使用しましょう。1足分のスペースに2足置くことができます。ただし、取り出す時にアクション数が増えるので、使用頻度によって使い分けする必要があります。

パンプスなどは、突っ張り棒を利用して片方のかかとを引掛ければ、重ねて収納することもできます。

・カサ

折りたたみ傘は、下駄箱の内側側面などに吊り下げると邪魔になりません。またシューズボックスはジャストサイズなので1つのボックスにまとめて入れてもよいでしょう。高さのある玄関収納がある場合、空き空間があれば、突っ張り棒を利用して吊り下げればデッドスペースが活用できます。

・お掃除グッズ

玄関を常にキレイにするために、お掃除道具は欠かせません。しかし、スペースのない玄関では置き場所に困ってしまいます。そんな時は、玄関に違和感のない可愛いお掃除グッズにすると、出し入れの手間も省けて便利です。

2洗面所・トイレ

・タオル類・衣類

衣類・タオル類は、たたんで立てて収納しましょう。引き出しやボックスに収納する場合は奥→手前ではなく左→右の順で収納します。前者の場合、手前ばかりを使用してしまい奥のモノはそのまま…となる可能性が大きいからです。使用頻度をまんべんなくする為に右から使用し、洗濯したモノは左側から入れていきましょう。

・洗剤・ストック品

上部に棚がある浴室やトイレではカゴやボックスを並べてストック品などを入れると高い所でも出し入れが簡単です。ボックスにはラベルを貼り分かりやすくすると、どこに何を入れたか一目で確認できます。

また、洗剤類を棚にしまう時、統一感がなくゴチャゴチャとしたイメージを与えてしまいます。こんな時は、用途ごとに分類しファイルボックスへ収納しましょう。ファイルボックスを揃えれば棚の中もスッキリ見えます。

前の文章に戻る 次の文章に進む