印刷について

4.色と濃淡表現について

前の文章に戻る 次の文章に進む

● 色の3原色(RGBとCMYK)

色には、光のように色を混ぜていくと白くなる『光の3原色』と、絵具のように色を混ぜていくと黒くなる『色料の3原色』があります。

光の3原則は、レッド(R)、グリーン(G)、ブルー(B)からなり、この3色を混合することでホワイト(W)になることから加色混合と呼ばれています。身近な例としては、カラーテレビやパソコンモニターなどがあり、これらはRGBという光の3原色で色を再現しています。

色料の3原色は、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)の3色からなり、この3色を混合することでブラック(K)になることから減色混合と呼ばれています。印刷インキは、減色混合によってほとんど全ての色を再現していますが、3色を重ねてもブラック(K)の再現が不完全なので、補正の意味も込めてブラック(K)を追加し、CMYK(標準4色)と呼び、基本的にはこの4色でカラー印刷を作成しています。CMYKだけでは色表現が困難な場合は、特別にインキを調合して色を作成します。これを特色といいます。

特色
標準的なCMYKの4色以外に特別に調色された色インキのこと。金・銀などのメタリックな色やパステルカラーなどで、スポットカラーともいわれる。

色の3色素(色相・明度・彩度)
色相…赤・黄・緑・青・紫といった色の様相の相違のこと。
明度…色の明るさの度合いのこと。RGBでは数値が高いほど明度が上がり、CMYKでは数値が0に近いほど明るくなる。 ・彩度…色味の強弱や色の鮮やかさの程度を示す度合いのこと。各色相の中で彩度の最も高いものを純色という。
◎※ブラックをKで表現するのは、Blackの頭文字「B」ではRGBのBlueと間違えてしまうため、またBlackのK、Kuro(黒)のKなどの説がありますが、CMYの3色では再現できない部分にブラックインキを使用して印刷の再現性を向上させることから「Key(カギ)となる色」ということでKと表記されています。

印刷目的分類

● 色の濃淡「網点」

印刷では、濃淡の表現を紙などの被印刷物にインキが着いている面積と着かない白地部分の面積比によって行います。ある程度の距離を置いて全体をみると濃淡の変化に見えるのです。多くの印刷に使われているオフセット印刷では、モノクロ写真の階調やカラー写真の色調を表現する時にはこの方法が必ず使われます。この点のことを印刷用語で網点と呼びます。

この点が小さければ、白地の面積比率が高くなるので、淡い色として目に映ります。点が大きければ白地の面積比率が小さくなるので濃い色として目に映ります。点がさらに大きくなり、白地部分がなくなってインキが全面を覆い尽くしたような状態をベタと呼びます。

また、網点の細かさを表す単位を線数といいます。網点はランダムに並んでいるのではなく、一定の間隔で並んでいて、その網点の列(線)が1インチあたりどれくらいあるかで印刷の細かさを表し、その線数で印刷の品質が決まります。線数が高い(数が多い)ほど、滑らかに写真を印刷することができます。

網点の形状
網点には様々な形状があります。一般的なカラー印刷では規則正しく配置された網点の大小で画像の濃淡を表現します。網点は同期性があり振り幅が変化するAMラジオに似ていることからAMスクリーンと呼ばれています。
スクエアドットスクリーン
階調原稿の網撮りで最も多く使用されるのは、網点の形状が正方形のスクエアドットスクリーンです。濃度50%域で網点同士が繋がり、その形状は市松模様になります。
チェーンドットスクリーン
スクエアドットスクリーンと同様、よく使用される網点形状にチェーンドットスクリーンがあります。形状がひし形をしていて濃度30~40%域で、網点の長い端同士が鎖状に繋がります。
ラウンドドットスクリーン
網点の形状は円形をしています。網点は円のまま大きくなり、濃度を高くしていき、濃度70%前後で網点同士が繋がります。
トーンジャンプ
網点の濃淡部分に連続性がなくなり、部分的に境界ができて縞模様が見える状態をトーンジャンプと呼ぶ。例えば、スクエアドットでは濃度50%で網点が繋がり、肌色などの中間調の微妙なグラデーション部分で起こるため、トーンジャンプが目立ちやすくなる。チェーンドット・ラウンドドットが中間域を外して網点が繋がるような形状にしているのは、トーンジャンプが発生しても目立ちにくくするためである。
平網
指定範囲に一定濃度の網点が均一に並んだ状態のこと。
グラデーション
指定の範囲に濃淡の階調変化のある部分をグラデーションという。グラデーションは、指定範囲が分かるようにした上で、開始点・使用色・網濃度・終点を指定し、形状(線形・円形)が分かるように指示に加える。

● 写真の再現性「線数」

線数は、印刷形態(カラー・モノクロ)、印刷用途、用紙等により大体は決まっています。

目安として、書籍・モノクロ雑誌などは133線程度、カラー雑誌・PR紙などが150線程度、カラーカタログ・カレンダー・ポスターなどは175線程度です。それ以上にカラーの品質を必要とする美術印刷などは175線以上のものもあります。高精細印刷といって800~1200線という印刷物も作られることがあります。文字を中心とする印刷物では高い線数は必要ありませんが、カラー写真が多い印刷物では、写真の再現性が大切となるので高い線数が必要となります。

このように印刷物の線数が細かくなれば写真の質は上がってきます。しかし、印刷物で細かく美しく階調を表現しようとする場合、印刷する被印刷物(紙など)の種類も考慮する必要があります。いくら線数を大きくしても、例えば紙の場合、表面の滑らかなものでなければうまくインキが用紙に転写されないからです。

【線数と用紙】

線数と用紙

● モアレとスクリーン角度

2色以上の印刷をする時、網点の角度によって現れる幾何学的縞模様のことをモアレと呼びます。モアレができる原因は、網点が均等間隔で規則的に並んでいるためです。色が2色以上重なると互いに干渉し合い、モアレが発生するのです。

モアレを防ぐために、スクリーン角度(網点の並ぶ角度)を調整して、最も目立たない角度に設定する必要があります。2色の網点に30度か60度の角度差をつけると最小となります。

カラー印刷の場合は、標準4色であるシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)の各色の版に網点を形成して印刷を行いますが、スクリーン角度はシアン(C)15度、マゼンタ(M)75度、イエロー(Y)90度、ブラック(K)45度が一般的です。

● インキについて

インキは版式や被印刷物のタイプによって異なります。

版式 インキ名称 大分類名称 中分類名称 備考
平版 平版
インキ
枚葉インキ 一般枚葉インキ 薄紙用
カルトンインキ 厚紙用
金属印刷インキ 金属版
オフセット輪転インキ ヒートセットインキ 商業用高級印刷
ノンヒートセットインキ 雑誌本文等
ビジネスフォームインキ スペース
新聞インキ ノンヒートセットインキ 新聞印刷機
凸版 凸版
インキ
凸版枚葉インキ 書籍用
凸版輪転インキ 書籍用
ゴム凸版インキ フレキソインキ 段ボール用等
凹版 凹版
インキ
彫刻凹版インキ 有価証券・株券
出版グラビアインキ 雑誌表紙等
軟包装グラビアインキ 食品用軟包装
孔版 孔版
インキ
ステンシル用インキ 一般事務用
スクリーンインキ 電子部品等

● 主な印刷トラブルと印刷用語

良い品質の印刷物を作り上げるためにも、トラブル内容・発生原因を知ることが大切です。

トラブル名称 トラブル内容・要因
チンチング
(浮き汚れ)
浸し水中に乳化したインキが混合し、印刷物中に汚れが生じる現象
スカミング(地汚れ) インキが版の非画線部に付着してできた汚れのこと
ブライディング 印刷中にインキが画線部に付着しなくなり、薄くなる現象
セットオフ 乾燥段階で印刷物の過度な積み重ねなどによって接触面にインキが移って生じる汚れ
ブロッキング
(ステッキング)
インキをセットする段階で印刷部分が別の紙とくっついて乾燥して離れなくなる現象
チョーキング 印刷物を乾燥後、インキ面を摩擦すると顔料が落ちる現象
クリスタリゼーション 単色機、2色機で下刷りインキが完全に乾いた上へ次の色を刷り重ねてもインキが乗らない現象
マイグレーション 印刷されたインキ皮膜から発生する蒸気の作用によって、積み紙の裏面が黄色くなる現象
モットリング インキが小さい斑点状について、ムラが無数に現れ、果物の梨に似た印刷面になる現象
ヒッキー 印刷部分が紙粉やインキカスの混入が原因で、白点状に抜ける現象
ゴースト ベタ刷り部の一部にぼやけた部分が現れること
ピックング
(紙剥け)
インキの粘度と紙の表面強度が釣り合わないため、印刷時に紙の表面がはがれてしまう現象
ミスチング 印刷中にインキが霧状に飛散する現象
トラッピング 印刷の先刷りと後刷りのインキ皮膜厚などの要因により、先刷りの上に後刷りインキが適正に乗らない現象
逆トラッピング 後刷りインキが先刷りインキをはがしてしまう現象
ドットゲイン 画線や網点が太って、正しい階調が得られない現象
スラー 同一版の網点、画線がずれて印刷方向に尾引現象・ひげ状の汚れが発生する現象
前の文章に戻る 次の文章に進む