印刷について

2.印刷の基本工程

前の文章に戻る 次の文章に進む

印刷物制作の工程は、お客様から受領した原稿を印刷・加工して印刷物を納品するまでです。原稿から印刷機で印刷する前工程をプリプレス、印刷をプレス、印刷後の加工をポストプレスといい、全ての工程を経て印刷物を完成させています。

現在は入稿から印刷版を作成するまでにDTPCTP、校正刷りもDDPCといった設備によるデジタル化が進んでいます。

DDPC
DTPで作成されたデータを直接出力するカラー出力システム、または出力機。

● プリプレス

原稿を元に組版をして印刷原版を作成するまでをプリプレス工程といいます。

組版
原稿に指定された通りに文字や図版などの要素をページに配置し、紙面を構成する作業。具体的には文章を読みやすくするため、書体・文字サイズ・行送り・ルビ(ふりがな)など細かい情報を入力して原稿のとおりに仕上げていくこと。

#1# 企画・デザイン・レイアウト

広告・出版物などをどのような内容で作るのかを企画し、具体的なイメージ・設計図を作成して具体化し、必要な原稿を用意します。それ以降の工程への具体的な指示を行うのがこの工程です。

#2# 制作・製版・印版

前工程から、入稿した原稿を指示に従って組版作業(文字の清書)を行います。また画像・イラストも印刷に適するように加工します。これらをレイアウト通りに配置してまとめ上げるのが制作から製版までの作業工程です。そして最終的には印版を完成させます。

また、デジタル組版では、文字と画像を合わせたページのレイアウトをモニタ上で確定させることができます。組版結果をデジタル方式の製版工程(カラー製版など)に利用できるのがデジタル組版のメリットです。デジタル組版とデジタル製版を結語させてプリプレス工程を進めることをデジタルプリプレスといいます。

#3# 校正

校正とは、字句や内容・体裁・色彩の誤りを修正することです。この作業は制作→製版→印版の工程の中で繰り返し行われます。文字校正・レイアウト校正・色校正などの工程内容に合わせて必要な校正を行います。デジタルプリプレスでは従来のアナログ方式と比べると、カラー画像の補正や加工・色校正紙の作成やその他の修正も容易に行えます。

内校
初校の校正刷りを出す前に印刷所の校正係によって行われる誤植(文字の誤り・組版の不備や謝り)や組落ちなどを正す校正のこと。

● プレス(印刷)工程

前工程で完成した刷版を印刷機に取りつけて、刷版に作られた絵柄部にインキを付けて被印刷物(紙など)に転写します。印刷そのものを行う工程が、プレスと呼ばれています。

#1# 印刷方式の選定…オフセット印刷・グラビア印刷・活版印刷・スクリーン印刷
(※詳細は印刷方式の種類にて記載)

#2# 印刷用紙の決定…用紙の種類・寸法・重量・紙目等

#3# 印刷インキの決定…一般インキ・UVインキ・その他

● ポストプレス工程

印刷機にセットする用紙は、印刷物の仕上がり寸法より何倍も大きい紙で、余白部分も含まれています。そのため印刷した紙は、様々な加工が必要です。そうした印刷後の工程を相乗してポストプレスといいます。

#1# 製本・加工

4ページ以上のページ物は、必ず製本加工を経ます。前工程で印刷された被印刷物(紙など)を印刷物という商品に仕上げる工程です。

ページ物は、折り加工(印刷用紙をページ順に折り畳む/折丁)・丁合い(折丁をさらに順番に並べる)・綴じ加工(折丁の背を綴じる)・断裁(形を整える)など製本作業によって冊子状態に仕上げます。パンフレットの表紙や、書籍カバーなどには製本前にラミネートや箔押し加工をする場合もあります。

#2# 梱包

完成した印刷物を、きれいに包装して商品に傷がつかないように保護する工程です。

#3# 配送(デリバリ)・納品

商品を配送し、お客様の指定通り完全な状態で納品し、目的通り使用できるように最後を締めくくる工程です。

綴じ加工
印刷後、紙をまとめ、糊・糸などで綴じて表紙をつけて本の形にすること。綴じ方には中綴じ無線綴じ平綴じなどがある。
中綴じ…紙を重ねて背の中央部分を針金で留める綴じ方(針金綴)
無線綴じ…本の中身を針金や糸を使わず、接着剤のみで綴じる方式
平綴じ…折った背から5mm程度を綴じて、針金で数か所を綴じてからさらに糊を付け
て表紙を貼りつける方式

断裁
印刷の加工の1つで、印刷前に原紙を切断することを指す場合と、印刷後にトンボを目印に断裁する化粧断ち、製本の最終工程で綴じた背の部分を残して三方を切る三方たち等を指す。

トンボ
印刷物を仕上がりサイズに断裁するための位置合わせや、多色刷りの見当合わせのために、版下の天地・左右の中央と四隅などに付ける目印(十字の印)のこと。

見当
カラー印刷などの重ね刷り、表裏印刷や折り時の位置合わせのこと。トンボを使って位置調整が行われる。

【印刷の基本的な流れ】

印刷の流れ

前の文章に戻る 次の文章に進む