マーケティングによってすべてがかわる

1.マーケティングとは

次の文章に進む

マーケティングとは

マーケティングとは目標を達成するための、アイデア、売上、サービスの形成、価格、販売プロモーション、流通を計画・実行する過程です。
有名人で例えるとP・ドラッカーは「マーケティングとは顧客の創造とその維持である」と極めて短く本質をとらえた指摘をしています。

マーケティングの表現
3つのC Customer(顧客)
Competitors(競争相手)
Channels(流通チャンネル)
6つのO Occupants(市場占有率)
Objectives(購買目的)
Organization組織作り
Operations(方法)
Occasions(チャンス)
Outlets(販売販路)
戦略4P Probing(リサーチ)
Partitioning(攻め方)
Prioritizing(優先順位)
Positioning(差別化)
戦術4P Product(商品、サービスは)
Price(価格)
Place(フィールド)
Promotion(プロモーション)
5つのM Mission(使命・役割)
Money(投資額)
Message(メッセージ性)
Media(メディア発信)
Measurement(効果測定)

マーケティングの原点とは

気をつけなければならないのは、マーケティングとセリング(販売活動)を混同しないことです。

マーケティングとセリングの違い

マーケティングとセリングの違い

セリング(販売) 工場 既存製品 販売/
プロモーション
売上数量に
基づく利益
マーケティング 市場 顧客ニーズ 統合(総合)
マーケティング
顧客の満足に
基づく利益

販売は企業から市場へというインサイド・アウトとして考えます。
出発は工場ではじまり、焦点は工場で生産される製品であり、利益を生む売上高を達成するために猛烈な販売やプロモーションを行います。
マーケティングはアウトサイド・インであり市場からの発想と行動として考えます。
そのため出発は明確な市場を設定することであり、焦点は顧客のニーズとウォンツになり、企業は顧客の満足に影響をあたえる活動を統合し調整することにより、顧客の満足を創造し維持することで利益を得ます。
マーケティングとセリングの違いを一言でいえば顧客指向の有無です。
顧客指向がマーケティングの原点となります。

次の文章に進む