インフルエンザについて

1.インフルエンザとは何か

次の文章に進む

毎年冬場になると決まって流行する、気をつけなければいけない病気があります。

それはインフルエンザです。

特に小さな子供やお年寄りは、インフルエンザが進展して命にかかわる病気になることもあるので、注意が必要です。

まず、インフルエンザと普通の風邪はどう違うのでしょうか?

インフルエンザと風邪とは、ウイルスや症状などが大きく異なります。

● 通常の風邪

色々なウイルスが感染することによって起こります。
鼻の穴から喉の奥までの炎症のことです。
感染はほとんどが接触感染です。
患者さんが鼻や鼻水を触った手などに触れることにより感染します。
潜伏期間は4,5日程度です。
症状は次第に重くなっていきます。
熱は37度台から38度台で、鼻水や咳などの症状があります。
鼻水は透明感があるのが特徴的です。

● インフルエンザ

A、B、C型のインフルエンザの感染によるものです。
肺や気管支などの呼吸器の病気です。
空気感染なので、感染力が強いのも特徴です。
潜伏期間は1〜3日程度です。
突然に38度以上の高熱が出ます。
寒気や筋肉痛、全身のだるさなどを伴います。
その症状が出た後に、咳や鼻水の症状が出ることが多くあります。
鼻水は黄色や緑色で濁った色をしています。
症状は2,3日で落ち着きますが、熱は1週間程度続きます。
熱は上がったり下がったりを繰り返すことが多くあります。
症状が重くなり、合併症を引き起こすこともあります。

インフルエンザに罹ると、普通の風邪よりも病状が重いことが分かります。
インフルエンザウイルスは非常に強い感染力を持っているからです。

また、
● 高齢者
● 呼吸器や循環器、腎臓に慢性疾患を持つ人、
● 糖尿病のような代謝の持病がある人、
● 免疫力が弱い人
これらの人々の場合、インフルエンザの感染によって肺炎などの感染症を起こすおそれが高く、大変危険です。

子供では中耳炎、熱性痙攣や気管支喘息を合併する場合があります。
さらに深刻なのが急性脳症です。 子供の場合、インフルエンザによって急激に悪化することがわかっています。

季節ごとに流行する、季節性インフルエンザに対しては健康で体力があれば、それほどおそれることはありません。
しかし、高齢者、持病のある人、乳幼児に関しては、しっかりとした予防策をとることが極めて重要なことになります。

ではインフルエンザについて、詳しく見ていきましょう。

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスが体のなかで増えて、熱やのどの痛みなどの症状を引き起こす病気です。

インフルエンザウイルスは3つの型に分類されます。それぞれの特徴を見てみましょう。

#1# A型…季節性インフルエンザを起こすことがある。

周期的に大流行する傾向がある。

変異しやすく、問題になりやすい。

新型のウイルスが発生しやすい。

#2# B型…季節性インフルエンザを起こすことがある。

#3# C型…軽い風邪を起こしやすい。

季節性インフルエンザに対しては、多くの人が免疫をもっています。
人は一度かかると、その原因となったウイルスに対して抵抗する力が高まります。
この力を免疫といいます。

ところが近年、新型のインフルエンザが発生しています。
新型インフルエンザは新しいウイルスが原因となっています。
今まで人に感染することがなかったウイルスが、感染するように変異してしまったのです。
それに対して人々には免疫がありません。

そのため罹ると急に悪性度が上がり、ウイルスの感染力が爆発的に強くなるのです。 そこから大流行となっていきます。

インフルエンザの予防対策について考えていきましょう。

次の文章に進む