OPPという素材について

3.第三話 アパレル業界に激震?!「OPP袋」の効果やいかに?!

前の文章に戻る 次の文章に進む

最後に自分の洋服を買ったのは、一年半前。マタニティウェアを買ったのが最後です。妊娠中は当然マタニティウェアばかり着て過ごし、出産後は妊娠前に着ていた服に頼っています。しかし、最近坊主くんをおんぶしてアクティブに街へ繰り出すと、どうやら自分の格好が若干時代遅れであることに気づかされます。少しダサいのです。おまけに、わずか二〜三年であっても若い頃に着ていた服をそのまま着ていると、体形や肌ツヤの微妙な劣化が浮き彫りになるのです。少し似合わなくなっているのです。小綺麗にしているママ友を見るとチンチクリンの自分自身と比べてしまい、なんだか主人や坊主くんに申し訳ない気がしてきて心がドンヨリ曇ります。心のドンヨリは表情やしぐさから活気を奪い、主人や坊主くんに悪影響を与えてしまう気さえしてきます。

というわけで、バーゲンセールのタイミングを見計らって洋服を買いに行ってきました。お目当てはハーフパンツです。小さな子供とともに生活していると、しゃがみ込んだり体育座りしたりすることが多いです。膝への負担なく屈伸するためには、膝上のハーフパンツがたいへん便利です。ハーフパンツを求め、坊主くんをおんぶしてデパートに行ってみました。久々の楽しいショッピングとはいえ子育てママの身、さっさかさーとショッピングを済ませて、家事育児に戻らなければなりません。デパート内の数店舗を一気に物色し、SALEコーナーにあるハーフパンツをピックアップします。その結果、二店舗でハーフパンツを一着ずつ購入しました。どちらも値引き率と値段が同じでした。お買い得で素敵なものが手に入ったのでゴキゲンです。最近のお店はデザインの凝ったかわいらしい手提げ袋に洋服を入れてくれるのでなんだか気分がいいなぁと思いながら、背中に坊主くんをおぶい、両手に紙袋を提げてルンルン気分で帰宅しました。

夕食の準備、坊主くんのお風呂と食事、寝かしつけを怒涛のごとく終わらせ、主人の帰りを待ちます。主婦のストレス解消は、ほっと一息つけるこういう時間をどのように過ごすかにかかっています。今日は買い物の成果をゆっくりと眺めることでストレス発散するぞと意気込み、かわいらしい手提げの紙袋二つをいそいそと持ち出しました。テーブルの上にでんと置いて、まずはハーフパンツの入っている紙袋を外側から観賞します。マタニティウェアを別にすればおそらく二年ぶりくらいの買い物でした。数段階に分けて何度も楽しまなければもったいないです。外観を心行くまで楽しんでから、まずは一つ目の紙袋を開けました。そぅっとシールをはがし、紙袋の口を開けてみると……おー、なんと「OPP袋」に包まれているではありませんか!そういえば店員さんが「最近おんぶは珍しいですねぇ」なんて話しながら、手際よく「OPP袋」にハーフパンツを入れて、スルスルッとテープをはがして封をして、袋の上からぎゅーっと押さえつけていました。おかげでハーフパンツは「OPP袋」の中で動いてくしゃくしゃになることなく、まるで店頭に展示されているかのようにカチッとした状態に保たれていました。「OPP袋」に入ったハーフパンツを外から眺め、思わず袋ごとそっと胸に抱きしめてしまいました。なんだか「OPP袋」から取り出すのがもったいないくらい綺麗に包装されています。いざこのハーフパンツを履くときまでは「OPP袋」に入れておくことにします。そうすればホコリをかぶることもなく、タンスの中でしわしわになることもなく綺麗なまま保管しておくことができます。贅沢気分が高じた状態で、もう一つの紙袋も開けてみると……あ……ハーフパンツは紙袋のすみっこに、丸まって入っていました。すぐに取り出して広げてみました。少ししわがよってしまったようです。いい買い物をしたものだから気分がよくなって、両手に提げた紙袋を前後に元気よく振りながら歩いてしまったことが原因でしょう。もしこのハーフパンツが「OPP袋」に入っていたら、このようなちょっと残念な気持ちにはならなかったんだろうな、と思いました。少しでもしわが伸びるよう手で押しつけながらハーフパンツを畳み、すぐにタンスにしまいました。「OPP袋」に入っていないので、そのままにしておいたらホコリをかぶってしまうからです。そして、もう一度「OPP袋」に入っているほうのハーフパンツを手に取りました。元値が同じで値引き後の価格も同じ商品だけれども、「OPP袋」に入っているかいないかでどうしても高級感に差が出てしまうようです。それどころか、もし買い物の帰り道に雨が降ってしまったらどうなっていたのでしょう。紙袋の口は小さなシールで留めてありますが、隙間から雨が入り込んだり紙袋全体に雨がしみ込んだりする可能性だってあります。雨が降ってもへっちゃらの「OPP袋」に入っていれば、買ったばかりの洋服がずぶ濡れ、という惨劇を避けることができます。「OPP袋」はお客さんへのちょっとした気配りアイテムだなぁ、と思います。どちらも素敵なハーフパンツ、値段も同じ。それなら次回以降の買い物は「OPP袋」に入れてくれるお店が優先順位上位となってしまうのは仕方のないことです。

久々の買い物でちょっと贅沢気分を味わいたかったわたしにとっては、「OPP袋」がなんとなく心に潤いを与えてくれたような気がしました。大げさかもしれませんが、この「ちょっと贅沢気分」が子育てママの活力の源になります。ちょっと贅沢気分に浸ることで、わたしの表情やしぐさはぐんと自信に満ち、伸びやかで軽やかになると思っています。わたしの元気いっぱいな笑顔と俊敏な動きは、坊主くんや主人にも喜びを与えるはずです。いざこのハーフパンツを履くために「OPP袋」から取り出す瞬間に、また「ちょっと贅沢気分」に浸れるんだろうなぁ、と想像しながらほっと一息時間を満喫したわたしです。

そういえばわたしは一年半ぶりだけれども、主人は三年くらいパンツ・靴下すら新調していません!ゴムがよれよれのパンツ、かかとのうす〜くなった靴下、さすがにかわいそうです。そのうちパンツ・靴下を買ってきてあげるまでは、今日のショッピングのことはナイショにしておきます。それまでOPP袋に入れておけば、やっぱり安心ですね!

前の文章に戻る 次の文章に進む