OPP、CPPとは何か

3.CPPについて

前の文章に戻る 次の文章に進む

〔CPP〕無延伸ポリプロピレンフィルム

①原料、用途
OPPと同じく、ホモポリマー、コポリマー、ターポリマーが原料として使用されています。
融点が高く、耐熱性を有するため、レトルト用途として使われています。

②製膜法
ほとんどがTダイ方式で製膜されています。インフレーション方式により製膜される無延伸ポリプロピレン(IPP)フィルムもあります。

③フィルムの特徴
・フィルムに腰がある
・防湿性に優れる
・ホットタック性、耐ストレスクラッキング性に優れる
・耐油性、耐水性、耐薬品性に優れる
・ホモポリマー、ランダムコポリマーは透明性に優れる
・比重が小さく、汎用樹脂中最も軽い
 など

④タイプ

【単体用】 印刷なしでそのまま使うものと、表印刷をして使うものがあります。パン・雑貨・繊維包装・自動包装用として主に使われています。
【一般ラミネート用】 摩擦係数を下げるための滑剤や、ブロッキングを防止するためのアンチブロッキング剤などが添加されています。
【レトルト用】 耐熱性が要求され、ラミネートの使用される接着剤も多種多様です。耐熱性以外にも、用途によりシール強度、耐寒衝撃性、柔軟性、透明性、耐オレンジピール性、海外規格適合性などがあり、用途に応じたグレードの選定が重要です。
【ノーアンカーポリサンド用】 LDPE(低密度ポリエチレンフィルム:透明なシーラントフィルムとして表基材のCPPとラミネートされたもの)との接着強度を要求するときには、AC(アンカーコート)処理が必要になります。ラミネート工程でのAC処理がなくても接着ができるよう、CPPの製膜段階でLDPEとの接着性を付与させたものがノンアンカーポリサンド用です。
【帯電防止タイプ】 内容物が削り節や粉状のようなもので、帯電防止性能が必要な場合に使用されます。
【医療包装用】 滅菌紙とのシール性や、ガンマ線処理、滑り性を考慮したタイプなどがあります。
【蒸着用】 蒸着用CPPは、アルミを蒸着する面はアルミとの密着性をよくする接着性が付与されています。
前の文章に戻る 次の文章に進む