企業向けDMを作る1

2.DMの構成1

前の文章に戻る 次の文章に進む

DM(ダイレクト・メール)とは大きく分けると5つの要素から構成されています。

?パッケージ(外封筒)

素材

 ・紙製封筒:比較的シンプルなデザインを使用します。

       開封してもらうために最も重要なコピーをアピールします。

       『重要なお知らせです』『ご確認のため至急ご返送ください』

       など、単刀直入にアピールします。

 ・透明封筒(OPP袋):OPP袋を使用した場合、開封しなくても中のパンフレット(ブローシャー)やサンプル・粗品などが見えるわけですからオープン率が高くなります。

       毎日のように送られてくる多くのDMの中から開封して中身をみてもらうためには、このサンプルなどの無料進呈品は最強アイテムといえます。

       必ず透明封筒を利用し『特別サービス』をアピールしましょう。


A4用紙三つ折りが入り定形郵便で発送できる、長形3号・洋形4号などがよく使われる最もポピュラーな形です。

同封の手紙(レター)が縦書きの場合、または商品が《和》を思わせる商品(旅行の案内・着物・お米など)の場合、縦向きに使います。

しかし、縦向きの場合、封筒の中身を取り出しにくい時点で読まずに《ゴミ箱》へ直行してしまう事もあるので、一般的には中身の取り出しやすい横向きの方がよく使われます。


 また、封筒ののり付け部分に中身がひっついて取り出しにくくなって、やはり《ゴミ箱》へ直行ということもあります。

 本体部分にのり付けされたOPP袋を利用するなどして、開封率を上げましょう。

サイズ・料金

 定形:縦14〜23.5?、横9〜12?、厚さ1?以内

    重さ25gまで80円、50gまで90円

 定形外:縦+横+厚さ=90?以内 重さ50gまで120円


長形封筒 寸法(縦×横?) 洋形封筒 寸法(縦×横?)

長形3号 235×120 洋形4号 105×235

長形4号 205×90 洋形5号 95×217

長形3号・洋形4号はA4用紙三つ折りが、長形4号・洋形5号はB5用紙三つ折が入ります。定形内で料金も安いので、一般的によく使用されるのが上記のサイズになります。

前の文章に戻る 次の文章に進む