印象を良くするDM

6.ダイレクトメールのコスト節約法

前の文章に戻る

ダイレクトメールは郵便やメール宅配便で届けられるのが一般的です。

はがきや封筒が中心ですが、はがきは開封の手間が不要ではあるものの、手に取った瞬間に内容がわかってしまうので即ゴミ箱行きになりやすい、という面もあります。

封筒は中にレターやその他の印刷物を入れて、あらゆる情報を送ることが可能ですが、たくさん入れれば送料が余計かかることも。賢くコストを抑えて送付したいものですね。

◇外封筒

封筒には様々なサイズがあります。

・定型/定型外

縦14~23.5 cm 横9~12 cm 厚さ1 cm以内の物は定形郵便物として扱われます。

重さ25 gまでは80円・50 gまで90円で郵送が可能です。

それ以外の大きさの物は定型外ということになります。

・封筒のサイズ

封筒のサイズには用途に応じて様々なものがあります。

以下にA4版の用紙を三つ折りにして封入するのに向いているサイズの物を挙げます。

スペース 名称 寸法(ヨコ×タテ mm) 対応サイズ
長形 長形3号 120×235 A4判三つ折り用
長形4号 90×205 A4判三つ折り用
洋形4号タテ型 105×235 A4判三つ折り用
洋封筒 洋形4号 235×105 A4判ヨコ三つ折り用
洋形5号 217×95 A4判ヨコ三つ折り用

※切手・雨の日に注意

外封筒に記念切手を用いる場合や、雨の日に運搬する場合、切手を貼る際や雨の水分を封筒が含んでしまい、わずかの差で重量が25 gを超えてしまうということがあります。

1通10円の違いでも、大量に送る場合万円単位で郵送コストが違ってしまいます。

水分を含む可能性が少なく、透明封筒のような軽量素材を用いた封筒を選ぶとその心配はなくなります。

◇発送方法

郵便局の広告郵便物制度を利用すると、最低送付数(この場合2000通から)が決められていたり、事前申請が必要だったりとある程度の制約はありますが、郵便代金が15%(2000通の場合)~数に応じた割引率を適用して割引されます。

条件に合う場合はぜひ利用しましょう。

前の文章に戻る