効果的なDMの利用方法

2.DM発送に役立つポイント(名簿リストの抽出とプレミア価値)

前の文章に戻る 次の文章に進む

まず最初に、何通もダイレクト・メールを送る事はコストもかかりますし、お客様の反応がない場合には出費が大きくなります。
つまりは、送るべきお客様を選ぶということも大切になってきます。

ダイレクト・メールを送るお客様をある程度絞れますと、コストも浮きますし、リスクも少なくできます。

お客様を選ぶ方法は、名簿・リストが重要になってきます。
つまり、お客様の情報を買うのです。

例えば、大学受験を控えたご家庭があるとします。
大学に合格するとなると、もしかしたら一人暮らしを始めるかもしれません。
そこで必要になってくるものは、引っ越しをお願いする業者であったり、家具を新調するための販売店であったり、一人暮らしをするためのマンションであったり、もしかすると、ご両親が合格記念に何かをプレゼントする事もあると思います。

もし、この情報を買い、この特定したお客様にダイレクト・メールを送る事ができるのであれば、効果はとても大きなものになります。
ダイレクト・メールを送った事によって、引っ越しを依頼される事もあるでしょうし、
マンションを探す為に不動産屋さんへ出向く事もあると思います。

そしてそれらは最終的に大きな利益として帰ってきます。

だからこそ、お客様のリスト、お客様の情報がとても大きな鍵になってくるのです。
ダイレクト・メールを送るべきお客様を選ぶ事がとても重要になってきます。

ですが、一つ気をつけなければいけない事があります。
それはリストの情報が正しいかどうかです。

リストを購入しても、お客様の住所などが変わっていたら届かない、という事もあります。
それではせっかく購入したのに、お金の無駄遣いとなります。

そこで、まずテストとして、購入したリストのうち、三割ほどダイレクト・メールを送るテストをします。
そして、その中で宛先不明で戻ってくる事が多いとします。
するとそれは新しくない情報という事です。

もし、そのリストの情報宛全てにダイレクト・メールを送ってしまうとなると多大な損害が生まれてしまいます。
そうならない為のテストです。

新しい情報を見極める事も大切になってきます。
リストを販売している業者の見極めも大切なのです。

また、各々でリストを作成するという手段もあります。
例えば、マスメディアを利用し、自社の宣伝をするという手もあります。
雑誌への掲載や、新聞折り込み、また街頭で広告を配るという方法です。

そこで、何らかの反応があるとすれば、新しいお客様の情報を得る事ができ、オリジナルのリストを作成できる、というわけです。

情報を収集できたお客様の力を借りる、という方法もあります。
まずお客様にダイレクト・メールを送り、その中に、お友達に紹介すると何らかのプレミアムがつく、という文章を付け加えておくと、さらに効率的に情報収集ができるようになります。

こういった方法を使い、効果的・効率的にリストを増やしていくのです。

前述しましたが、プレミアムがつく、という事は、お友達を紹介してもらう、ということだけではなく、ダイレクト・メールをお送りしたお客様からの反応が返ってくる可能性が
高くなる、というメリットもあります。

しかし、どういったプレミアムをつけるかというのがポイントになります。

自社の宣伝と全く関係ないプレミアムをつけても効果はあまり得られないかと思います。
ゲーム会社のダイレクト・メールにお食事券がついていてもあまりいい宣伝にはならないかと思います。
ですので、プレミアムをつけるであれば、自社で宣伝をしたいものと関係しているものがいいと思います。

また、ダイレクト・メールの封筒にプレミアム、例えばメモ帳をつけます。
すると、お客様は何が入っているのか確かめたくなり、その封筒を開けて中身を確認されるかと思います。
そこで宣伝をもう少し確実に見てもらえるというプラス効果も見込めると思います。

つまり簡単にはそのダイレクト・メールを捨てる事はなくなります。
そこが一番大切なのです。

すぐに捨てられるダイレクト・メールではなく、確実に目を通してもらうダイレクト・メールを作成する事が大切なのです。

また、商品券をプレミアムとしてつけた場合、その商品券の有効期限をその月末までなど、短めに設定します。
すると、人間の心理から、使わなくてはいけない、という衝動にかられます。
お客様に確実に見てもらえるような工夫が大事なのです。

さらに、商品のお試し品などを添えてダイレクト・メールをお届けするのもいいかと思います。
そしてお客様にお気に召してもらえれば、反応がありますでしょうし、宣伝の効果はさらに大きなものになります。

ダイレクト・メール自体に少し遊びの要素を取り入れる事も効果が期待できます。
例えば、スクラッチなど、コインでけずらなければ内容が分からないようにします。
するとお客様は中身が気になり、スクラッチをお楽しみになり、ダイレクト・メールの内容にも目を通してもらえるという事になります。

なにより、お客様に確実に目を通してもらうという事が大切になります。
その為に様々な工夫をする事が大切になってくるのです。

前の文章に戻る 次の文章に進む