心をつかむキャッチ2

8.裏技テクニック2親近感

前の文章に戻る 次の文章に進む

■方言
語りかけるという点で、地元の言葉で親近感を持ってもらう方法もあります。「とっても美味しい」と表現する場合、「めっちゃおいしい」「どえりゃーうみゃー」「ばりうま」「でーじ、まーさん」などの地元の言葉を使うと親近感が沸いてきます。お客様が食べた時に発する言葉に置き換えると気持ちが伝わりやすいのです。観光に来たお客様も、地元の言葉を見かければ興味を引かれるかもしれません。

■地名
普段はあまり気にならないキャッチコピーでも、地元の名前が入ると自分に話しかけられているようで気になるものです。特に、限られた地域で配布されるスーパーのチラシやポスティングの場合、地名が入るだけで個人を意識させられるので、他のものに比べて目に止まりやすくなります。

前の文章に戻る 次の文章に進む