心をつかむキャッチコピー

4.USP (Unique Selling Proposition)を知っておく

前の文章に戻る 次の文章に進む

キャッチコピーは商品ありきで作成していきます。その商品をどう表現していくのか、まずはUSPを知らなければなりません。USPとは、自社の強み・独自性、つまりウリのことです。商品、サービス、企業のウリは販売促進を行う上で最強の武器となります。

そのため、まずその商品について感じたこと・思ったことを箇条書きにしてみます。見た目はもちろん、機能、寿命、大きさ、使い方などを思いつくままに箇条書きにしていきましょう。

また、お客様の声などからもヒントを収集することもできます。商品購入理由・選択理由などはこれまで気が付かなかったメリット・デメリットの発見につながるかもしれません。

次に商品についての箇条書き・アンケートで収集したキーワードの中から
「自社にしかないウリ」
「お客様のメリットになるウリ」
つまりUSPを見つけ出します。

似たような商品が複数ある場合、お客様はその違いを比べて、その特徴が魅力的なものを選びます。情報が錯綜する中、より特徴・特性をアピールできる言葉を選んでいくことが大切になります。

品質・性能・信頼感・安心感・歴史・素材・製法など、お客様が興味を持つと思われるUSP をしっかり押さえ、他社・他商品にはないオンリーワンをアピールしていきましょう。

前の文章に戻る 次の文章に進む