キャッチコピーについて

1.今、どうしてキャッチコピーが重要なのか

次の文章に進む

キャッチコピーとは

突然ですが、質問です!

『あなたの長所は何ですか?』

「えーっと、えーっと、」とお困りのあなた、では、質問を変えましょう。

『あなたの長所を一分以内にできるだけ多く挙げてください。』

これは以前、何かのテレビ番組で「日本人と外国人との違い」を比べるコーナーがあり、その中でなされた質問と同じです。(…さて、あなたはいくつ挙げられましたか?)

結果はどうだったかというと、外国の方は、例え子どもであっても自分の長所をハッキリと、時間が足りないくらい次から次へと発言していくのに対し、日本人は「優しい」「責任感がある」「協調性がある」などせいぜい三つ、四つが限界で、「自分の長所がよくわからない」あるいは「そんなこと自分で意識したことがない」というような返答が多くありました。

それは育ってきた環境や、謙虚さを美徳とする日本人の心とか、いろんなことが背景にあり、どちらが良いとか悪いとかいうものではありません。

それでは、今、なぜこの質問をしたかというと、実はこれがあなた自身の「キャッチコピー」になるからです。「あなたはどんな人ですか?」「どんな特徴がありますか?」「あなたの強みは何ですか」就職活動を経験したことがある方ならば、一度は真剣に考えたことがあるかと思います。そして、この「キャッチコピー」がいかに重要であるかもおわかりになるでしょう。

ビジネスの世界では、相手が何をしてくれるのかわからない状態で仕事を頼むことはまずありません。ですから「私(会社)はこれができます!」と相手にビンビンと響いてくる、あなたの「強み」と「魅力」を伝えることが何よりも大切なことなのです。

もしあなた(会社)にキャッチコピーがない、あるいはあったとしても他とさほど違いが感じられないという状況であるとすれば、それはせっかくのビジネスチャンスを捨ててしまっているといっても過言ではありません。お客様にあなたの強みが伝わらなければ、当然仕事は増えません。仕事が少なくなるから利益が少なくなり、利益が少なくなるから薄利多売になる、そんな悪循環に陥ってしまうのです。

キャッチコピーがあれば仕事は勝手に寄ってきます。それはキャッチコピーが一瞬であなたの「強み」「特徴」「得意技」を相手に理解させてしまう力を持っているからです。

キャッチコピーの役割 - その1

一つでも多く商品を売るために重要視されるものとは一体何でしょうか?商品の品質?接客のマナー?それとも景気の良し悪しで決まるのでしょうか?

これらは少なからず売上げに関わる要因といえますが、一番の要因となるもの、それはずばり「商品の伝達力」です。商品が「良い」ということがお客様に伝われば、商品は売れます。「必要だ」ということが伝われば、お金を出して買ってくれるのです。

通信販売のテレビ番組でおなじみのフレーズ

フレーズ

何度も繰り返されるこれらの言葉も実は商品の「伝達力」として役に立っています。

もしこれらの言葉を紹介する人が誰もいなくて、商品だけが画面に映っていたらどうでしょうか。どんなにすばらしい商品でも、商品自体にコミュニケーション能力はないので、お客様に対して「良い」というイメージも「必要だ」というメッセージも伝えることができません。

テレビの通信販売や店頭販売などでは、商品一つ一つを人の言葉で紹介することが可能ですが、それはある意味特別な販売方式です。人の言葉を借りた「伝達」ができない場合、商品にポップを付けて、値札と一緒に「言葉」というコミュニケーション能力を与えることが可能です。これが「キャッチコピー」です。

キャッチコピーはお客様に対して、商品の良さと必要性を伝える大切なコミュニケーションツールなのです。「ただ置いてある商品」を「売れる商品」にするのが、キャッチコピーなのです。

キャッチコピーの役割 - その2

「たかがキャッチコピー、売上げには関係ない。」そう思う方もまだまだたくさんおられるかと思います。また、適当に思いついた言葉や、ありきたりの言葉をそのままキャッチコピーとして使い、結果、お客様には何も伝わらず、キャッチコピーの本当の販促力に気づいていない方も多くいらっしゃると思います。

しかし、想像してみてください。お客様の視点からすると、キャッチコピーがあるとないでは大きな差があるのです。

【キャッチコピーがない】 #space# 【キャッチコピーがある】
メニュー名だけで、具体的なイメージができない。 レストランのメニュー 本日のおすすめの料理、セットを注文。
目的がわからず、読む気にならない。 ダイレクトメール セールス文句に思わず目がとまる。
型番と商品名だけで買う気にならない。 ネットショップ お買い得が一目瞭然!悩みも解決できた。

世の中にはたくさんのキャッチコピーが溢れ、私たちは知らないうちにその言葉に引きつけられて、商品を買ったり商談にのったりしています。キャッチコピーがもたらす情報が商品選択に決定的な役割を果たしているのです。

次の文章に進む