「広告」をつくろう!

5.これからの「広告」、今後の対策!

前の文章に戻る

広告効果の測定

実際にどの程度、効果があったかを必ず確認しましょう。

#1#「広告到達効果」の確認

実際にねらったターゲットに、どのくらい伝わったか?

#2# 商品認知への変化があったか

  • ・ 知名度
  • ・ 商品特徴理解率
  • ・ 商品イメージ  など

#3# 商品への態度に変化があったか

  • ・ 購買意向率
  • ・ 店頭認知率  など

【広告効果の測定方法】

会場型、サンプリング調査

定量的調査で客観的に判断

実施した広告の課題抽出

次回への参考にする

広告と企業活動

広告の作業を通じ、解決すべき課題を見つけ、次の具体的な広告展開と企業活動での広告のポジションをみていきましょう。

広告実務のそれぞれのステップを通じて、広告主と広告会社では、さまざまなディスカッションが交わされます。

広告活動は、常に企業とリンクした継続的な活動です。
目前の実務にとらわれず、次の広告展開は、この点に留意するだろう…など全体的な視点を持つことが必要になってくるのです。

広告の作業の中から、次に必要なことはなにか…
新たに行うべきことを発見していきましょう。

前の文章に戻る