工場案内!OPP袋ができるまで(OPP袋の作り方)

工場案内!OPP袋ができるまで(OPP袋の作り方)

1.OPPの原反を準備します。

OPPの原反

これがOPPの原反です。1枚のフィルムがサランラップのようにロール状に巻いてあります。フィルムの
厚みにもよりますが、2,000メートル巻きが一般的です。
大きい袋には、大きなロールが、小さな袋には小さなロールが必要です。

全て1本で製造できると管理が楽なんですが、それだと、余ったフィルムを捨てるので、ロスが発生し、
無駄なコストが生じます。ですから、袋のサイズに合わせたちょうど良いサイズの原反が必要です。

ワークアップでは、常時あらゆる厚み、あらゆる幅の原反を1,000本以上保有し、すぐに加工できるよう
体制を整えています。

2.製袋機(せいたいき)にOPPの原反をセットします。

製袋機にOPPの原反をセット

透明袋用のOPPフィルムの原反です。

印刷用の原反

こちらは印刷用の原反がセットされた状態です。

3.フィルムを半分に折って、袋の形にします。

テープ付きOPP袋の加工

こちらは半分に折ったフィルムにテープを付け、テープ付OPP袋に加工しているところです。

4.熱で溶断し、袋状態に加工します。

袋状態に加工

袋状に加工されたものが、100枚ずつラインから排出されてきます

5.美しく梱包します。

100枚の束を受取り、それを丁寧に重ねていきます。100枚の束×10セットでクラフト包装を行います。

梱包の様子

きれいに角をそろえます♪

角を揃える

1000枚クラフト包装の完成です。角がビシっ!となって、とっても美しいですね。

クラフト包装