サイドシール加工とは?

サイドシール加工とは?

OPP袋は、一枚のOPPフィルムを熱で溶断して袋の形に加工しています。
これを【サイドシール】とか【サイドシール加工】と言います。

両サイドを熱で加工しているので、サイドシールという

一般的なOPP袋は、弊社製品以外(クリスタルパックや透明封筒と呼ばれるもの)も
殆どがこのサイドシール加工で製造されております。

OPP袋は引っ張り強度には弱く、サイドの部分が裂けやすい

サイドシール部分は『引っ張り強度に弱く裂けやすい』特徴が有ります。

OPP袋の横部分(両サイド)が、熱溶断される部分となりますので、
袋のサイズギリギリの封入物を無理やり入れたり、ずっしり重いものを入れると両サイドが裂ける可能性が有ります。

袋に強度を求める場合には、破れにくいCPP(シーピーピー)袋やフレームシール袋が
丈夫でオススメです。