原反取り切り/経済ロットとは?

原反取り切り/経済ロットとは?

■原反について

OPP袋やCPP袋の製造前の姿は、和服の反物やラップと同じように、
フィルムをロール状に巻きつけた状態で、写真のような形状をしています。

原反

このロール状のフィルムを【原反(げんたん)】と呼びます。
原反は、フィルムの厚みによって、巻長が決められています
薄手の#25フィルムなら・・・・・4,000m巻
標準の#30~超特厚#60なら・・・2,000m巻

OPP袋やCPP袋は、必要な製品の種類ごとに使う原反を選び、加工・製造致します。

■原反取り切り/経済ロットとは?

原反取り切りと経済ロットは同じ意味で、原反を【一本丸ごと買い取る方法】を指します。
ご注文の製品に使う原反を一本丸ごとお買取り頂くことで
①製造段階のフィルムのロスが最も少なくなる
②原反取り切りの方が、通常よりお安くご提供出来る可能性が高い
等のメリットがあります。
同サイズの袋を長く使い続ける予定のある方や、大量注文の際にオススメです。

■具体的な仕上がり枚数とお支払金額について

★ #30、A4用OPP袋(225x310+フタ40mm)を原反取り切りでご注文の場合

原反の巻長 ÷ 袋ヨコ幅 x 製造のロス率2%(仮定)

2,000m÷ 225mm x 98% = 8,710枚

原反取り切りでの仕上がり予定枚数は8,710枚となります。

袋の幅でカット この場合 225 mm 毎

お支払金額は、【単価x実際の仕上がり枚数】となります。

比較的リーズナブルにご提供できるお買い求め方法ですが、
下記の点をご了承の上ご注文をお願い致します。

■原反取り切りでご注文頂くと、先程の具体例のような形で仕上がり予想数をお伝えすることは可能ですが、事前に確実な製造枚数とお支払金額をお伝えすることは出来ません。
実際の仕上がり枚数と予想数に誤差が出ることも有りますので、ご注意ください。

■原反取り切りでのご購入は、発注頂いた経済ロット分(ご購入の原反数分)は一括でお買い上げ頂くことが前提となっております。