フレームシールとは?

フレームシールとは?

一般的なOPP袋はサイドシール加工で製造され、両サイドが破れやすい特徴があります。

そのためOPP袋に強度をお求めの場合は【フレームシール加工】がオススメです。
袋の縁を枠(フレーム)状に加工する事で、裂けにくく強度がUPします。

フレームシール
▲袋の縁を枠状にして強度をUP!

OPP袋ベースなので、透明度の高さはもちろんハリ艶に優れています。
美観の良さと裂けにくさを併せ持つ袋なので
着物やシャツ、セーター等のアパレル製品用として人気が有ります。
その他にも、何度も出し入れする用途の袋には、フレームシール加工が最適です。

  • 着物やシャツ、セーター等
  • アパレル製品用としても人気

両サイドに空気穴が空いています

※袋の破れを防ぐ為、空気穴は必要最小限のサイズとなっています。

アパレル製品などは中身に空気を含む為、空気穴を設けることで
袋がパンパンに膨れることもなく、効率よく箱詰め出来る設計となっています。
デニム素材や、秋冬のボリューミーな商品もスムーズに保管出来て便利です。

■フレームシール加工のオーダーメイドについて

フレームシール加工の袋は、原反取り切りでのご注文に限り『オーダーメイド』を承っております。
★生産するフレームシールOPP袋の予想仕上がり枚数は、通常の計算式と異なります

フレームシール加工の袋は、袋のタテの長さを基準にフィルムをカットします。

袋のタテの長さ 310mmでカット

●#30のA4フレームシールOPP袋(225x310ミリ)の場合の計算式は以下です。

原反の長さ ÷ タテの長さ x ロス率2%と仮定

2,000m ÷ 310mm x 98%= 6,320枚

原反取り切りで、6,320枚前後のフレームシール袋が出来上がる予定となります。

※テープ付きの加工は出来ませんのでご注意ください。